TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物テクのサロンブロードバンド > いまさら人に聞けないブロードバンドのあれこれ
テクのサロン

1st Floor
いまさら人に聞けないブロードバンドのあれこれ

 ほんの数年前までは、一部のパソコン好きな人の趣味だったインターネットも、ブロードバンドの普及により、すっかり一般の家庭に入り込んでいます。新聞に「ブロードバンド」という文字がない日はありません。そこで今月の『テクのサロン』では、日ごろなんとなく使っている「ブロードバンド」について解説してみました。

ブロードバンドとは何か
 ブロードバンドとは、速度の速い通信回線と、その回線を利用して、大容量データを活用するさまざまなサービスです。ブロードバンドに対して、速度の遅い回線のことをナローバンドといいます。

ブロードバンドのメリット、とは?
■ブロードバンドのメリット、とは?
ナローバンド(ダイアルアップなどのアナログ回線)だと時間単位で送れるデータ量に限界があった。これが広くなった(ブロード)ことで、送信量自体を増やすことができ、データ量の重い映像などをストレスなく送受信することが可能となった。

 「ブロードバンド」はそのまま訳すと「広い幅」という意味です。幅が広いと高速な通信が可能になるのは、道幅の広い道路ほど短時間で多くの車が通過できるのと同じ原理です。1車線の道では1度に1台の車しか通れませんが、3車線の道なら1度に3台の車が通過できます。通信で「速度」といえば、一定時間に送受信できるデータの量のことを指します。つまり、一定時間に多くのデータが送受信できる=通信速度が速い、ということになるのです。

 ブロードバンドを利用して高速のデータを送受信できるということは、動画や音楽など、容量が大きなデータも高速に送受信できるということです。ナローバンドによる接続が一般的だった時はメールやホームページの閲覧が中心だったインターネットの利用も、最近の一般家庭へのブロードバンドの普及により、動画や音声などのコンテンツを提供するサービスが続々と登場しています。


ブロードバンドを実現する3つの接続技術
【ケーブルテレビ】
 日本の家庭で利用できるブロードバンドのさきがけとなったのが、ケーブルテレビの回線を利用した「ケーブルテレビインターネット」です。ケーブルインターネットの第1号「武蔵野三鷹ケーブルテレビ」が商用サービスを開始したのは、1996年10月にさかのぼります。

ケーブルテレビ インターネットの仕組み
■ケーブルテレビ インターネットの仕組み
他のサービスとの違いは、電話網を使用しないでネット接続をしている点。極端に言うと、通常の電話契約をしていなくても、インターネットにつなげられる、ということでもある。TV契約と同時に申し込むと安くなるケースが多く、自宅がケーブルサービスの対象エリアであれば、メリットは大きい。

 ケーブルテレビは、ケーブルを使って、テレビの放送を配信するサービスです。このケーブルの空いている周波数帯を使って、上りと下りの双方向の通信を行うことで、インターネット接続サービスを実現しています。パソコンとケーブルの接続にはケーブルモデム(通常はケーブルテレビ局からレンタルする)を使用して、データ信号を放送用ケーブルで送受信できる形に変換します。下り方向の通信に比べて、上り方向の通信は、各家庭からの通信が合流していく形で基地局に接続される形のネットワークなので、ノイズが混入しやすく、通信速度が低くなります。そのため、上りは遅く、下りは速い非対称な速度でのサービスが一般的です。

 ケーブルテレビインターネットが普及し始めた当時は、インターネットへの接続は、モデムやターミナルアダプタを使用して、ネット利用時だけ接続する「ダイヤルアップ接続」が一般的でした。インターネットを長時間利用するヘビーユーザーから、従量制の電話料金に対して不満が出てきたため、夜間だけ通話料金を一定にする「テレホーダイ」や、特定番号への通話料金を定額にする「フレッツISDN」などのサービスが脚光を浴びていました。その時期に、ケーブルテレビというネットワークを使って、インターネットにも高速常時接続の環境を実現したという点で画期的でした。現在は、300社以上のケーブルテレビ事業者が、インターネット接続サービスを提供しており、2004年9月末現在で約280万契約の利用がされています(総務省発表「ブロードバンド契約数等の推移」による)。

【ADSL】
ADSLの仕組み
■ADSLの仕組み
現在、最もポピュラーなインターネット接続方式。自宅に引いてある電話回線を、接続局側で設定し直してもらうだけで済む。契約プロバイダーから割り当てられるモデムを接続し、通常電話とネット接続の2つに分ける(スプリッタを使用)。最近は接続基地局から4km以上でもサービスが可能となり、対象エリアも全国的に広がっている。

 ケーブルテレビが先鞭をつけた日本のインターネットですが、自宅のあるエリアでケーブルテレビサービスが実施されていなくては、利用が困難です。また、マンションなどの集合住宅では、建物ごとケーブルテレビ敷設の契約が必要であり、利用が難しいケースもありました。ブロードバンド普及のきっかけとなったのがADSLサービスです。中でも、2000年12月からNTTが提供を開始した「フレッツADSL」は、アナログ電話回線さえ敷設されていればどこでも利用できるサービスとして、サービスエリアの拡大と共に爆発的に普及しました。

 ADSLは、音声通話に使用しない高周波の帯域のアナログ信号を使って、データを送受信する技術です。データのデジタル信号を、ADSLモデムを使って高周波のデータ信号に変換し、電話線で送受信します。音声信号とデータ信号は、家庭内と電話局の両方に「スプリッタ」という機械を設置し、周波数の違いを利用して分離します。

 電話による通話でも、遠距離との通話ではノイズが入りやすくなるように、ADSLによる通信でも、電話局との距離が長くなればノイズが入りやすくなります。特に、データ伝送に用いる高周波のアナログ信号は、ノイズに弱いという欠点があります。そのため、電話局からの距離が遠い家庭では、ノイズのため通信速度が低下したり、場合によってはサービスそのものの提供が困難になる場合もあります。

 2004年9月末時点で、ADSL接続サービスの契約数は1280万件余りとなっています(総務省発表「ブロードバンド契約数等の推移」による)。ADSLは、現在の日本のインターネット接続の主流であると言えるでしょう。
前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。