TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第9回「テレビのブラウン管」の巻

電子の発見をもたらした磁石

ブラウン管の中のオーロラ現象

相手方の動向をひそかに探るスパイ合戦は、戦時ともなればいちだんと活発になるのは、いつの世も同じこと。天下分け目の関ヶ原の合戦にも、多数のスパイが暗躍したといわれます。軍中に忍び込むスパイは、古くは游偵(ゆうてい)や間諜、あるいは忍びと呼ばれました。わが国で忍びすなわち忍者が登場する最古の文献は『日本書紀』です。

『日本書紀』によれば、推古10(602)年に、百済僧・観勒によって、忍法書の古典といわれる『遁甲方術書』がもたらされたとあります。聖徳太子はこの忍術書を愛読していたようで、のちに太子が妖術を操って姿をくらましたという伝説が生まれることにもなりました。実際、飛鳥から斑鳩(いかるが)の地に移り住んだ聖徳太子は、伊賀の志能便(しのび)を使って、飛鳥の動向を探ったと伝えられています。

ところで、このとき忍術書とともに暦本、天文地理書ももたらされたため、日本では7世紀のころから本格的な天文観測も行われ始めたようです。『日本書紀』に推古28(620)年「天に赤き気あり」とあるのは、オーロラの出現に関する記述といわれています。

オーロラは極光とも呼ばれ、多彩なカーテン状のものが有名ですが、中緯度地方でも薄ぼんやりとした赤い色で現れることがあります。1859年にはハワイでも観測されたぐらいですから、飛鳥地方で観測されても少しも不思議ではありません。

オーロラは太陽からやってくる荷電粒子が、地球の磁気圏にとらえられて加速し、大気上層の窒素原子や酸素原子と衝突することにより、それらをエネルギー的に励起させて発光させる現象です。面白いことに、このオーロラと似た現象が、テレビのブラウン管の中で起きています。


(1)


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。