TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第8回「ステッピングモータ」の巻

位置決め達人の電子歯車

1時間に15°回転
北斗七星は夜空の大時計


武術や芸事などを教え示すことを指南(しなん)というのは、昔の中国で使われた指南車と呼ばれる方向指示装置に由来します。いわば一種のナビゲーションシステムで、歯車を利用した精巧なメカニズムにより、車上に据えられた木像が、常に南を指し示すように工夫されていたそうです。一方、これとは別に、天然磁石を利用した方位コンパスは指南器と呼ばれ、やがて文字盤のついた羅針盤へと発展します。

当初の指南器はスプーンの形をしていて、卓上で回転させて方位を読み取っていたようです。スプーンの形は北斗七星のヒシャクをかたどったものといわれます。磁石の指南性(および指北性)が発見されるずっと以前から、古代中国では北極星を中心とする北斗七星の回転角によって、季節や時刻を定めていたといわれます。北極星を中心として、ヒシャクが地球の自転に伴ってグルリと1回転するわけですから、北の夜空に大きな時計があるようなものです。

日本の忍者も北斗七星の回転運動を時計がわりに活用していたようです。1日で1回転ということは、1時間では15°ということになり、角度を見分ける訓練さえ積めば、かなり正確に経過時間を割り出すことができます。

もっとも、雲がかかっていたときは時刻ばかりか方位まで分からなくなってしまうのが難点。しかし、そんなときのために、忍者はキシャク(耆著)と呼ばれる方位コンパスを携行していたといわれます。これは磁性を帯びた鉄でつくった長さ5cmほどの舟形の容器で、水に浮かべると、船の舳先(へさき)が北を指し示すようになっています。真っ赤に焼いた鉄を冷やすとき、地磁気によって鉄が磁性を帯びることを利用したものです。

近ごろでは、方位コンパスや気圧計・高度計・水深計などのついた高機能ウオッチが若者に人気なのは、アウトドアでちょっとした忍者気分を味わえるからかもしれません。

(1)


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。