TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第3回「自転車発電ランプ」の巻

人力は頼もしい自然エネルギー

自転車のパーツのブラックボックス

人目につかぬように行動するのが鉄則であった忍者は、さまざまなサバイバルグッズを考案したようです。たとえば、「火と水は離さぬものぞ忍びには野山に寝るを役と思いて」と秘伝にあるように、野宿が当然であった忍者は、水と火とは必携品でした。しかし、水はともかく火のほうはマッチもライターもない時代です。火打ち石を使っては音が出て見つかる可能性があるので、「胴の火」というものを懐に入れて持ち歩いていたといわれます。これは和紙などを黒焼きにしたものを銅製の筒に詰め、ゆっくりと燃焼させるカイロに似た道具です。火薬などを使うときの火種にするほか、夜間は寒さしのぎにもしたようです。

昔の人々とちがって、現代人は闇夜対策がおろそかで、ハイキングていどの軽登山でも遭難騒ぎを起こすこともあります。水、食料は持っていても、よく忘れがちなものが懐中電灯やヘッドランプ。山中は日が沈むとたちどころに真っ暗となるので、体力はあっても一歩も前進できなくなることがあります。

都会の夜道は、山中のように真っ暗闇になることはありませんが、無灯のまま自転車に乗って事故を起こすこともよくあります。本人は安全運転のつもりでも、周囲のクルマからは闇に溶け込んでよく見えません。パトロール中の警察官が無灯自転車を見てとがめるのは、べつにイジワルをしているわけではなく、本人の身の安全を考えたうえのことです。

自転車はクルマ全盛の今日でも、多くの人々に愛されている完成度の高い乗り物。クルマとちがって簡単な道具さえあれば、だれでも分解・組み立て・修理が可能なのも特長です。ところで、数ある自転車のパーツの中で、ほとんど唯一のブラックボックスとなっているのは、ダイナモなどとも呼ばれる発電ランプです。タイヤからの回転エネルギーを伝えて発電していることは分かっていても、発電ランプの内部構造まで知っている人はあまりいません。


(1)


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。