TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第15回「人体を磁石で診る」の巻

コンピュータと強力磁石の共演

コンピュータあってこそ可能なCTスキャン

「1人忍びによきことなし」と忍術書が説いているように、忍者は2〜3人がいっしょに行動することが多かったようです。2人ならば高い塀でも、肩グルマで簡単に乗り越えられますし、3人いれば1人が任務を遂行している間、他の1人が敵の気をそらし、もう1人が逃げ道を確保するといったこともできます。また、忍者は同じ服装をしているので、分身の術でも使ったかのように、相手方を錯覚させることも容易です。

俗に「お化けエントツ」と呼ばれるものも単純な錯覚によるものです。お化けエントツとは、遠くに見えるエントツの数が、なぜか増えたり減ったりするエントツのことです。といっても怪奇現象のたぐいではなく、たとえば4本のエントツが、平行四辺形の4つの頂点に位置するように立てられたとき、見る角度によって重なりあって、2本に見えたり3本に見えたりするだけの話です。しかし、それと知らずに、いつもと違う場所から眺めたとき、エントツが急に出没したように見えてギクリとするわけです。

人体の断層像を得るX線CTという装置があります。交通事故などにあったとき、外傷はなくても、「念のためCTスキャンしてみましょう」といわれるのは、このX線CTのことです。人体を輪切りにするわけでもないのに、断層像が得られるのはなぜでしょう? X線CTの原理は、ごく簡単にいえばお化けエントツと似たものです。

人体をぐるりと一周するようにX線を照射すると、内臓や骨の位置によって、透過するX線は濃淡のパターンとなって現れます。この情報をコンピュータで処理して、再構成すると断層画像が得られるのです。お化けエントツの平面配列を頭の中で推理するように、コンピュータは得意の情報処理によって、断層像を画像化するのです。


CTスキャン

(1)


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。