TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第11回「電磁ブレーキ」の巻

磁気摩擦は魔術にあらず

磁石による遠隔通信を 構想した17世紀の魔術家

敵に追いつめられた忍者が、術を使って姿を消すとき、両手の指を組み合わせ、特異な形を表現します。このしぐさは「印(いん)を結ぶ」とか「結印(けついん)」と呼ばれます。仏像の手や指の組み方を「印相(いんそう)」というように、忍者が結ぶ印は、もともと仏教に由来するものです。

また、忍者が何やら呪文を唱えながら、指で空中に、縦に四本、横に五本の線を描くしぐさを忍術映画などで見たことがあるかもしれません。この「九字(くじ)を切る」術というのも、真言密教の経典に載っている護身法です。

忍術のルーツは定かではありませんが、中国渡来の神仙(しんせん)思想に、山岳信仰の修験道(しゅげんどう)や真言密教などの秘法がミックスして誕生したといわれます。ところが、護身法としての忍術が、人をたぶらかす目的で使われるようになると、マジモノ(魔術のこと)とか妖術と呼ばれるようになります。

17世紀ドイツのイエズス会士キルヒャーは、魔術や占星術にも多大な関心を寄せた今日でいうオカルト科学者の元祖のような人物でした。幻灯機(スライド映写機)は彼の発明といわれますが、彼はこの魔術まがいの仕掛けで悪魔の姿を映し出して、人々を調伏(ちょうぶく)したといわれます。

キルヒャーはまた、磁石を利用した無線通信のようなものを構想しています。磁石を動かすと、近くに置かれた磁石もそれに応じて動きます。そこで、もっと強力な磁石をつくれば、遠く離れた磁石を動かすこともできるから、通信手段として利用できるだろうと考えたようです。

こんな荒唐無稽なアイデアが生まれたのは、当時、磁石の作用はテレパシーのような遠隔作用とみなされていたからです。19世紀のファラデーは、この遠隔作用の考え方を否定して「場」の概念を打ち立てました。それを継承・発展させて完成されたのが、19世紀電磁気学の金字塔であるマクスウェルの電磁理論です。

結印

(1)


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。