TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第104回「磁石の吸着力の活用法」の巻

-磁石のパワーリフティング-

磁石の吸着力は予想以上に大きい

 岩壁をよじ登るクライミングの大原則に“3点支持”と呼ばれるものがあります。両手・両足の4点のうち、必ず3点はホールド(手がかり)やフットホールド(足がかり)とし、残りの1点だけフリーに使うというもの。つまり、動かしてよいのは片方の手あるいは片方の足だけということになります。こうすることによって、もし1点の支持を失っても、残りの2点が体を支えて滑落を防いでくれます。ハシゴを昇り降りするときなどの安全対策にもなるので、覚えておくと役に立ちます。

 どんな名クライマーもホールドのない壁面は登れませんが、タコ(蛸)は吸盤を使ってツルツルの壁面でも、傾斜が90°以上のオーバーハングの壁面でも難なく登っていきます。これをヒントにした壁面移動ロボットも考案されています。4つ足のそれぞれに吸盤をつけ、真空吸引によって壁面に吸着しながら移動するロボットです。

 石油タンクのような鉄材の壁面では、磁石の吸着力も利用できます。磁石の吸着力はぴったりと平面で接触している場合は予想以上に強力なものです。冷蔵庫などに吸いつけて紙押さえなどに利用しているフェライト磁石でも、数kgの物体を吊り下げることができます。ネオジム磁石ならばさらに強力で、大人の体重を吊り下げるなどわけがありません。しかし、吸着力が大きいというのは、引きはがすにも強い力が必要ということになります。磁石式の壁面移動ロボットの場合は、吸着ばかりでなく離脱の方法を考えなければなりません。



(1)next

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。