TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第90回「磁気マイクロマシン」の巻

-超磁歪材料が実現するパワフルな磁気マイクロマシン-

からくりのルーツは鉄砲と時計

 忍者が情報収集のために諸国を旅するときは、薬売りや旅芸人などに変装しました。刀などを持っていると怪しまれるので、杖の中に刀を仕込んだり、扇子や笄(こうがい。髪を掻きあげるための道具)に手裏剣を仕込んだりと、さまざまな隠し武器を考案したようです。俗に“仕込みもの”といわれる武器です。キセル(和製の喫煙用パイプ)の中に短銃を仕込んだものもあったそうです。このような精巧な武器となると、いかに忍者といえど手に負えず、おそらく専門の職人が製造にあたったことでしょう。

 江戸時代の機械装置はからくりと呼ばれました。メカニックのからくり技術のルーツは、南蛮渡来の鉄砲や機械時計です。これらを研究しながら職人たちは日本的な工夫をこらし、種子島(火縄銃)や和時計、からくり人形などを製作しました。

 からくり人形としてよく知られるのは、茶運(ちゃはこび・ちゃくみ)人形と呼ばれるもの。鯨のヒゲをゼンマイとするキャスターつきの自動人形です。祭に繰り出される屋台の上で、アクロバット的な曲芸をするからくり人形などもつくられました。

 日本の職人の手先の器用さは、世界にも定評のあるところ。からくり儀右衛門(田中久重)も、幕末に蒸気船や蒸気機関車の模型をつくっています。もし、江戸時代に今日のような強力磁石があったなら、職人たちは磁石を利用したユニークなからくり装置を発明していたにちがいありません。




(1)NEXT


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。