TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第84回「電子顕微鏡の電子レンズ」の巻

ナノスケールのフロンティアを探る

日本人はいつからメガネをかけたか?


 「火のないところに煙は立たぬ」といいますが、野菜づくりなどに使うビニールハウスで、ときどきミステリーまがいの火事騒ぎが起こることがあります。犯人はビニールハウスの上にたまった雨水。ビニールはたわむので、たまった雨水は凸レンズ状になります。これが太陽光を収束させ、焦点を結ぶところに可燃物があると発火させてしまうのです。同様にガラスの花瓶や金魚鉢、ペットボトルなども、凸レンズと同じ効果を示すので注意が必要です。ましてや凸レンズそのものである老眼鏡や天眼鏡、ルーペなどは、窓際に放置してはいけません。

 太陽光を集めるために使われる凸レンズは、江戸時代の日本では「火珠(ひとりだま)」と呼ばれました。もともとは透明な水晶を磨いて片側を平らにし、もう片側を球面にしたものですが、江戸時代の百科事典『和漢三才図会』(1712年刊)では、「近年、火珠にはビイドロ(硝子)を用い、平たくてメガネのようなものもある」ということが記されています。

 日本人がメガネを知ったのは戦国時代。ポルトガル船に乗って来日したフランシスコ・ザビエルが、1551年に周防(現・山口県)の武将・大内義隆に献上したものが最初といわれます。ガラスを意味するビイドロはポルトガル語ですが、レンズはオランダ語です。江戸に幕府が開かれて鎖国時代になってもオランダとの貿易は行われました。当時、オランダはレンズ技術の先進国。最新のレンズ技術は日本にももたらされ、江戸時代には老眼鏡、近眼鏡ばかりでなく、遠眼鏡(望遠鏡)や顕微鏡も製作されていたのです。


(1)NEXT


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。