TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第78回「地震と磁石」の巻

天然磁石は地震を予知する?

幕末の日本列島は地震ナマズが大暴れ


 地震は古語では“なゐ(ない)”といい、地震によって大地が揺れることを“なゐふる(ないふる)”といいました。「恐れのなかに恐るべかりけるは、ただなゐなりけり」と、鴨長明が『方丈記』で述べているように、突如として襲ってくる地震は、昔から天災の筆頭に挙げられてきました。

 鹿島神宮(茨城県)の境内に、“要石(かなめいし)”と呼ばれる不思議な石が祭られています。皿ほどの大きさの石が、地面から顔をのぞかせているだけですが、その本体は地中深くに伸びていて、いつのころからか地下のナマズを押さえているという伝承が生まれました。この石の押さえがときどき緩むと、ナマズが暴れて大地震を起こすというのです。

 1855年11月11日(安政2年10月2日)の夜、M(マグニチュード)6.9の直下型地震が江戸市中を襲いました。有名な安政江戸地震です。千住・亀戸あたりを中心に壊滅的な被害が出て、死者は1万人近くにも達したといわれます。この地震直後、“ナマズ絵”と呼ばれる錦絵(多色刷り木版画)が多数出回りました。黒船率いるペリーが再来航して、幕府と神奈川条約(日米和親条約)を調印したのは、前年(安政元年)の春。その年の暮れにはM8級の安政東海地震・安政南海地震が立て続けに発生して、日本列島も政情も大揺れに揺れていた時代です。“ナマズ絵”は地震を起こすというナマズにかこつけ、世相を風刺したものですが、暴動や世直しの気分が高まることを恐れた幕府は、発禁にしてしまったということです。


(1)NEXT


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。