TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第70回「電気洗濯機と磁石」の巻

電気洗濯機は家事ロボット

セッケンのない時代には洗濯に灰が用いられた


 昔話の『花咲爺(はなさかじじい)』では、正直爺さんは枯木に灰を振りかけて花を咲かせます。洋の東西を問わず、古くから灰には不思議な再生力があると信じられていました。枯木をよみがえらせるのは無理としても、灰には金属酸化物や金属塩が多く含まれているので、肥料となって農作物をよく育てます。江戸時代には灰を買い集める業者もいて、定期的に灰市(はいいち)も立ちました。

 ある種の草木灰は陶磁器の釉薬(うわぐすり)や染色に使われ、貝を焼いた灰は建材や顔料に使われました。そして忍者もまた灰を緊急の止血薬がわりに利用しました。昔の人は灰に関して驚くほど豊富な知識をもっていたのです。

 灰はセッケンがわりにも用いられました。灰汁はアルカリなので、油汚れを落とすのにある程度の効果があったのです。井戸の水をたらいに汲み、かまどや火鉢の灰を入れ、洗濯をしながらおしゃべりに興じるというのが、江戸時代の主婦の日常的な光景。ここから“井戸端会議”という言葉も生まれました。

 とはいえ手洗いの洗濯は時間がとられ、しかも毎日となると大変です。この重労働から主婦を解放したのは電気洗濯機。当初は業務用でしたが、高度成長期には一般家庭にも普及、かつての2槽式から現在ではスイッチを入れさえすれば洗濯・脱水・すすぎまでこなす全自動式が主流となっています。

図1 全自動式電気洗濯機の構造

図1 全自動式電気洗濯機の構造

(1)NEXT


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。