TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第62回「エレベータと磁石」の巻

パワフル磁石を利用したロープレスエレベータ

エレベータのドアはどのように開くか?

人を乗せて運ぶ電動エレベータは、日本においては明治23年(1890年)、東京浅草の凌雲閣(通称、十二階)に導入されたのが始まり。そのころ日本で電力といえばもっぱら照明用で、エレベータは照明以外の電力利用の初のケース。電気仕掛けのカラクリを用いて、かご(箱)ごと人を持ち上げるエレベータは、西洋の忍法のような怪しげな装置とみなされたようです。『明治事物起源』(石井研堂著)によれば、このエレベータは、「井戸つるべに似たる原始的昇降装置にして、危険をおもんぱかり、24年5月、警視庁の注意にて、撤去せり」とあります。

しかし、便利なものをすぐに受容するのは日本人の特質。その後、ビルなどにも設置されるようになり、明治36年(1903年)に大阪で開かれた第5回内国勧業博覧会では、パリのエッフェル塔(1889年完成)を真似た高さ75mの鉄塔が建設され、訪れた多くの人々がエレベーターを体験しました。これが大阪名所の通天閣です(現・通天閣は第2次世界大戦後に改築されたもの)。

エレベータはモータの回転を利用したロープ式と、電動ポンプを利用した油圧式に大別されます。ロープ式はかごと、つりあい重り(カウンターウェイト)をロープで結び、巻上機のモータの回転で昇降させる方式。一方の油圧式は、油圧によって上下するシリンダに、かごを連結させて昇降させる仕組みです。

ところで、ふだん利用者はあまり意識していないようですが、エレベータのドアは、かご側のドアと乗り場側のドアの2つで構成されています。ちょっと考えればわかることですが、もしどちらかのドアがないとしたら、きわめて危険な乗り物になってしまいます。また、かごが到着するまで絶対に乗り場側ドアは開きません。ドア開閉用のモータはかご側に設置されていて、利用階に到着したとき乗り場側のドアと連結して、初めて双方のドアが開くようになっているからです。


(1)NEXT


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。