TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第55回「変わりだねの磁石」の巻

鉄なしでも磁石はできる

白金カイロは触媒反応の利用

茶席で出される料理のことを懐石料理といいます。もともと懐石というのは、寒さをしのぐため、禅僧などが熱した石(温石=おんじゃく)を布でくるみ、これを懐に入れたことに由来します。懐石料理とは腹を温めるほどの軽い料理という意味。豪華料理を期待してはいけません。

温石は重いうえにすぐに冷めてしまうので、忍者は“胴の火(図1)”というカイロ(懐炉)を携帯しました。これは銅製の筒に和紙や植物繊維を黒焼きにしたものを詰めたもの。点火するとゆっくりと燃えて半日ほどもつので、懐に入れて暖をとるだけでなく、火種としても利用しました。

今日まで伝えられる忍法書の多くは、江戸時代初期に著されています。天下泰平の徳川の時世になると、忍者の活躍の場が少なくなり、秘伝の忍法を後世に残すため、忍法書が書かれたようです。胴の火は『正忍記』という紀州流忍法の秘伝書に載っています。『正忍記』が著されたのは延宝9年(1681年)、一方、カイロの発明は元禄年間(1688〜1704年)といわれているので、おそらくカイロは忍者の胴の火が民間に転用されたのでしょう。

胴の火方式のカイロは昭和初頭まで長らく使われましたが、その後、ハッキンカイロという新タイプが登場しました。これはベンジンを燃料とし、白金(プラチナ)の細線を触媒としたもの。白金表面でベンジンが徐々に酸化されるとき発生する熱を利用します。触媒反応という近代化学の成果を生かしたカイロでしたが、白金は高価なうえ、ベンジンには引火性もあるため、現在では安全な使い捨てカイロが使われるようになりました。

銅製円筒に炭粉をつめて点火する

図1 胴の火(忍者が携帯したカイロ)

(1)NEXT


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。