TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第32回「携帯電話と磁石」の巻

電波通信は現代のノロシ

ノロシの燃料には狼のフンが使われた

大昔から通信手段として用いられたノロシは、漢字で「狼煙」と書きます。これは 古く中国では、乾燥した狼のフンをノロシの燃料としたことに由来します。狼のフン には硝酸分が多く含まれるため、どうやら天然の火薬のように使われていたようです。

これにヒントを得たのか、中国では唐代に、硝石(硝酸カリウム)・イオウ・木炭 を調合した世界初の火薬(黒色火薬)が発明されました。

中国生まれの火薬はヨーロッパを経由して、1543年、ポルトガル船により、鉄砲と ともに日本に渡来しました。この火薬を日本でいちはやくノロシに取り入れたのは伊 賀の忍者といわれます。火薬を使うことで、従来のノロシより遠距離通信が可能にな り、また火薬による多彩な煙は、複雑な暗号を伝達するのに、非常に都合がよかった のです。

英語ではノロシのことをビーコンといいます。もともとはノロシを上げる丘のこと で、ここから航空機の航路を示す電波標識などをラジオ・ビーコンと呼ぶようになり ました。次世代カーナビゲーションとして注目されているVICS(道路交通情報通 信システム)では、道路に設置されたビーコンが、渋滞や事故情報などを通行車両に 提供します。また、携帯電話では基地局がノロシ台の役目をして、遠距離の無線通信 を可能にします。現代は電波という目に見えないノロシが飛びかう、忍者びっくりの 情報氾濫社会なのです。

(1)NEXT


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。