TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
磁気と生体
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第23回「方位磁石とナビゲーションシステム」の巻

未来の宇宙旅行には宇宙羅針盤が道案内?

忍者も使った方位磁石 ルーツは中国の指南魚


昔から忍法では、「敵を恐れること、侮(あなど)ること、思案を過ごすこと」を“ 忍者の三病”として、きつく戒めています。思案を過ごすとは、考え過ぎることをい います。ああでもない、こうでもないと、優柔不断に迷っていては、命がいくつあっ ても足りなくなるからです。

山中で分かれ道に出会い、本道を見失いそうになったときの忍法というのがありま す。これは何でもよいから歌の文句や言葉を思い浮かべ、その音数が偶数だったら右 、奇数だったら左へ進めというものです。たとえば、そのときたまたまホトトギスが 鳴いたとしたら、ホトトギスの音数は5で奇数だから、左へ行こうというふうに活用 します。

子供たちが、「どちらにしようかな神様の言うとおり…」というような文句を唱え て選択するのといっしょで、科学的な根拠はありません。当然ながら進路を間違える こともあります。しかし、間違ったときは、元の分岐点まで戻ればよいと忍法書は教 えています。あれこれ思案を過ごして危機を招くより、どちらかに即決したほうが得 策という合理的な考え方によるものです。

忍者はキシャク(耆著)と呼ばれる方位磁石を製造していたことが伝えられていま す。これはおもちゃの舟のような形をした鋼製の磁石です。もっとも、水に浮かべて 方位を読み取るので、緊急の場合は役に立たなかったようです。

忍者のキシャクのルーツは古代中国の指南魚(しなんぎょ)と呼ばれた方位磁石で す。指南魚はもともと天然磁石を木片に組み込んで、水に浮かべて使用するものでし た。その後、熱した鋼を急冷すると、地磁気によって磁化されて磁石となることが発 見され、天然磁石にかわって磁針が利用されるようになりました。11世紀ごろのいく つかの中国文献に、こうして製造された磁針の話が出てきます。


(1)NEXT


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。