TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第171回 どんどん普及しているLED電球の「明るさ」について知る
テクの雑学

第171回 どんどん普及しているLED電球の「明るさ」について知る

 東日本大震災以降の電力不足をきっかけに、家庭で利用している電球をLED電球にすでに買い換えたり、買い換えを検討している人も多いようです。2011年6月には、全国で販売された電球のうち、数量で43.5%をLED電球が占め、月間でははじめて白熱電球を上回りました(GfKジャパン調べ)

 しかし、LED電球に交換すると「今まで使用していた電球と同じワット数相当のLEDに換えたのに、なぜか部屋が暗くなった」という人が多いのも事実。ずいぶん安くなったとはいえ、白熱電球に比べるとまだ高価なLED電球を買う時に失敗しないよう、「LED電球の明るさ」表示の意味と、正しいLED電球の選び方についてみてみましょう。

そもそも、LED電球の明るさ表示って?
 ところで、LED電球の売り場に行った人が最初にとまどうのは、「ルーメン(lm)」という単位ではないでしょうか。従来の白熱電球では、明るさの目安として「ワット(W)」の数字が記載されていましたが、LED電球のパッケージに「明るさ」として大きくかかれている数字はルーメンです。「電球○W形相当」という表記も併記されているものもありますが、同じ「60W形相当」と書いてあっても、製品によってルーメンの表記がまちまちだったりで、いったい何を信じていいのか分からなくなってしまう人も多いと思います。

 「ルーメン」は、明るさの単位で、「光源から単位時間あたりに放射される光束(光の量)」を表します。明るさに関係する単位には他に「カンデラ(cd)」と「ルクス(lx)」がありますが、「カンデラ」は、特定の方向に向けて放射されている光束を表しています。照明器具の光束は、全方向に均一に放射されるわけではないので、カンデラの値も、どの方向から測定するかによって異なってきます。また、「ルクス」は、ある面に照射される光束を表しています。1ルーメンを1㎡に照射すると、その場所の平均光量は1ルクスになります。


 ワットは本来、消費電力を表す単位であり、明るさの単位ではありません。白熱電球の場合「ワット」が明るさの目安になるのは、電球の場合、1ワットあたりの発光量を表す「発光効率」がどのメーカーの製品でもほぼ一定なので、ワット数が分かればルーメンに換算できるからです。60Wの白熱電球の明るさをルーメンで表すと、約800ルーメン程度となります。

 LED電球と白熱電球の発光効率を比較すると、白熱電球がおおむね10〜20程度であるのに対し、LEDの場合は80〜100程度と高くなっています。発光効率100lm/WのLED電球で、60Wの白熱電球と同じ800ルーメンの明るさを実現するには、消費電力は計算上、8Wとなります。発光効率が高いので、LED電球は白熱電球に比べて、省電力で明るくなるのです。LED電球の発光効率は現在も技術開発によりまだ上がり続けているので、今後さらに省電力のLED電球が出てくると期待されます。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。