TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第131回 暮らしを支える新しいワイヤレス送電技術 −磁気共鳴伝送の仕組み−
テクの雑学

第131回 暮らしを支える新しいワイヤレス送電技術 −磁気共鳴伝送の仕組み−

 電気自動車や家庭内ロボットなど、電気で広い範囲を動く機械が実用化されています。これらはバッテリを搭載しており、その電力で動作しますが、問題になるのがバッテリの充電時に必要な給電。コンセントから電気を取る方式だけでなく、離れた距離からコードレスで充電ができるのが、非接触送電技術です。今回のテクの雑学では、その中でも、次世代の非接触送電技術の本命といわれている「磁気共鳴伝送」を紹介します。

「離れた距離でも充電できる」非接触充電の新しい方式
 電気器具を利用するには、電池や外部電源から、電気を供給する必要があります。充電式の電池を利用するのであれば、やはり充電するために、電源から電気を送る必要があります。電気を送る「送電」には、電源に電気を通す導線(電源コードなど)を接続し、電流を流すのが通常の方式です。これに対して、導線を使わず、離れた場所に送電することを、「ワイヤレス送電」と呼びます。導線が不要なため、断線などのトラブルが起こりにくいことや、金属による接点がなくても送電ができるため、水がある環境などで安全に利用できるといった理由で、ワイヤレス送電技術は、主に携帯電話、電気歯ブラシ、ハンディターミナルなど、充電式小型機器の充電器に使われてきました。

 現在、ワイヤレス送電技術として、実用化が進められているのは、電磁誘導方式・磁気共鳴方式・マイクロ波放電方式の3つがあります。それぞれ原理が異なり、送れる電流の大きさや到達距離が異なります。特徴を比較したのが、次の表です。


 現在小型機器の充電に使われている方式は、主に電磁誘導方式です。きわめて短い距離で高効率の送電が可能であり、仕組みも単純であるという長所がある反面、伝送距離がきわめて短く、また、向きもきちんと合わせる必要があるため、専用の充電台に置く前提での利用になるというデメリットがありました。

 電磁誘導方式よりも長い距離の送電が可能なワイヤレス送電として、今注目されているのが、磁気共鳴方式です。米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)が2006年に理論を発表しました。2007年にはその理論に基づいた試作機を作成し、ワイヤレス送電を実際に行ったのです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。