TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.82 エレクトロニクス&エネルギー分野で活躍する磁性材料
電気と磁気の?(はてな)館

エレクトロニクス&エネルギー分野で活躍する磁性材料

フェライトはTDKの磁性材料技術の原点
 科学分野での業績を表彰する賞として、最古の歴史をもつのは、1731年にイギリス王立協会が創設したコプリ賞(コプリ・メダル)です。物理学と生物学を対象としたもので、第1回(1731年)と第2回(1732年)は、電気の伝導現象を発見したイギリスのグレイが連続受賞しています。
 それまで、摩擦電気による帯電や放電は知られていましたが、電気が物質の中を流体のように移動することが、グレイの実験によって初めて明らかにされたのです。グレイはまた、物質は電気を伝える導体(金属など)と、電気を伝えない絶縁体(ガラス、絹など)に分けられることも発見しました。エルステッド、ファラデー、オームなど、電磁気学を築いた名だたる科学者らもコプリ賞の受賞者。近年ではブラックホールの研究で有名なホーキングも受賞しています(2006年)。  
 現代社会を支えるのは、さまざまな工業技術ですが、コプリ賞もノーベル賞も、工学分野は対象となっていません。そこで、2012年、工学分野のノーベル賞ともいうべき「クイーンエリザベス工学賞」が、イギリス王立工学アカデミーによって創設されました(2013年から授賞開始)。
 電気・電子技術分野のノーベル賞に相当するのは、この分野における世界最大の学会であるIEEE(アイトリプルイー:電気・電子技術者協会)の“IEEEマイルストーン”です。創設されたのは1983年ですが、電池の発明者ボルタ、電話の発明者ベルなど、過去の歴史的偉業も認定されています。2009年には、東京工業大学とTDKによる「フェライトの発明とその工業化」が、世界で89番目、日本では、八木・宇田アンテナ、富士山レーダーなどに続く10番目のIEEEマイルストーンとして認定されました。フェライトは1930年、東京工業大学の加藤与五郎博士と武井武博士よって発明された画期的な磁性材料。その工業化を目的として、1935年に設立されたのがTDKです(当時の社名は東京電気化学工業)。TDKが磁性材料技術を得意とするのも、フェライトを原点とする長年にわたる技術・ノウハウの蓄積があるからです。エレクトロニクスはもとより、エネルギー関連分野でも、TDKの磁性材料技術が活躍しています。






前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。