TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.81 エコドライブをサポートする車載用電流センサ
電気と磁気の?(はてな)館

エコドライブをサポートする車載用電流センサ

センサと信号処理回路からなるデジタル電流計
 磁針ではなく、コイルの方を動かすタイプの検流計は、考案者の名をとってダルソンバル検流計と呼ばれます。これに改良を加えたのが、テスター(アナログ式)などにも使われる可動コイル型電流計です。その原理はモータと同じくフレミングの左手の法則。永久磁石の磁界の中に置かれた可動コイルに電流が流れると、電磁力が働いて可動コイルが回転し、指針が動くというしくみです。可動コイルの回転軸には、渦巻きバネがつけられていて、バネの制御トルクと可動コイルの駆動トルクが等しくなったところで指針が静止し、電流の大きさを示します。この可動コイル電流計は、ダイオードと組み合わせることで交流電流計としても利用されています。交互に向きを変える交流を、ダイオードで直流に整流して計測するしくみなので、整流型電流計と呼ばれます。
 デジタル電流計の原理はアナログ電流計とは全く異なるものです。時間的に連続変化する電流をセンサで検出して、これをA/Dコンバータでアナログ量からデジタル量に変換して表示します。信号処理回路を必要とするものの、アナログ電流計のようにメカニックな機構をもたないので長寿命。コンピュータとの相性もよいので、さまざまな電子機器で利用されています。  
 デジタル電流計のセンサ素子としてはホール素子などが使われます。電流が流れている板状の半導体に垂直に磁界を加えると、電流と磁界の双方に垂直な方向に起電力が発生します。これは発見者の名をとってホール効果と呼ばれます。ホール素子は磁気センサの1種ですが、導線を流れる電流は磁界を発生するので、これを検出することで電流センサとして利用することができるのです。






HEV/EV/PHEVの燃費・電費の向上に貢献
 現代の自動車は走るメカトロニクス機器。ホール素子やGMR素子などの 磁気素子を利用した電流センサは、自動車にも使われています。とくに、HEV(ハイブリッドカー)やEV(電気自動車)、PHEV(プラグインHEV)といったエコカーにおいては、燃費向上や航続距離の延長のために、高性能な電流センサが必要となります。
 たとえばHEV/EV/PHEVでは、モータ駆動用メインバッテリの高電圧を、カーナビなどの電装システム用として、DC-DCコンバータで低電圧に変換して補機バッテリを充電します。この高電圧バッテリとDC-DCコンバータの間に搭載し、バッテリの入出力電流制御を担うのが電流センサの役割です。ただし、この電流センサには、高電圧回路と低電圧回路を絶縁する必要があり、非接触構造でなければなりません。
 そこで活躍するのが、磁気素子を利用した貫通型の電流センサ。軟磁性体のトロイダル(ドーナツ状)コアにギャップを設け、そこに磁気素子を組み込んだ構造となっています。コアに測定対象の導線を貫通させると、導線に流れる電流から発生する磁束はコアに吸収され、それを磁気素子が検知し起電力が発生します。これをオペアンプで増幅して、信号処理回路へ送るというしくみです。これはオープンループ方式(磁気比例方式)と呼ばれます。
 このオープンループ方式をベースとして、さらなる高精度化を図ったのが、クローズド・ループ方式(磁気平衡方式)の電流センサ。TDKでは、コストパフォーマンスにすぐれたオープン・ループ方式、高精度なクローズド・ループ方式など、各種の車載用電流センサをSAAシリーズとして提供。 HEV/EV/PHEVのバッテリの入出力電流制御、駆動モータとインバータの間の電流モニタリング用などとして、エコドライブをきめ細かくサポートしています。







前のページへ | 2/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。