TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.81 エコドライブをサポートする車載用電流センサ
電気と磁気の?(はてな)館

エコドライブをサポートする車載用電流センサ

電流計と検流計のルーツ
 電流計のことを英語でアンメーター(ammeter)といいます。これは電流の大きさを表す単位アンペア(ampere)とメーター(meter)を合成した略語。電流計と似た計器である検流計は、英語でガルバノメーター(galvanometer)といいます。これは、18世紀イタリアの解剖学者・生理学者ガルバーニの名に由来します。
 1780年、ガルバーニは解剖したカエルの脚が、摩擦起電機からの放電によって痙攣(けいれん)するのに気づきました。さらに研究を進めたところ、2種の金属でカエルの脊髄と脚に触れることでも脚が痙攣することを発見しました。彼はこれを、動物電気(ガルバーニ電気)と名づけ、動物電気は脳から脊髄を通って筋肉に流れ込むと説明しました。これに疑問を抱いたのはボルタです。彼は2種の金属の接触によって電気が発生するのであって、カエルの脚はそれに反応しているにすぎないと考えました。ここから発明されたのがボルタの電堆(でんたい)やボルタの電池です。それまで電気といえばもっぱら静電気のことでしたが、ボルタの電堆(でんたい)·電池によって動電気=電流が利用できるようになり、19世紀の電磁気学が開花しました。  
 話をもとに戻せば、電流計は電流の大きさを測定する計器で、一方、検流計は微弱な電流を検出するための計器です。19世紀半ばに敷設された大西洋横断ケーブルの通信実験において、きわめて鋭敏な検流計が求められました。長大な海底ケーブルに流れる信号電流は減衰して、ごく微弱になってしまうからです。そこで、イギリスの物理学者ウィリアム・トムソン(ケルビン卿)が考案したのがトムソン反射検流計。小さな反射鏡をつけた磁針が、円形コイルの中央部に絹糸で吊るされた構造となっていて、コイルに微弱な電流が流れると、ミラーはわずかに回転します。ミラーには光が当てられていて、回転にともなう反射光のスポットの位置変化をスケールで読み取るしくみです。構造は簡単ながらきわめて高感度な検流計で、世界中の研究機関でも使われました。






前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。