TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.77 プラスチックフィルムへの薄膜成膜法
電気と磁気の?(はてな)館

プラスチックフィルムへの薄膜成膜法

"異常現象" に発見・発明のシーズが潜んでいる
 イオウ球を用いた摩擦起電機を考案した17世紀ドイツのゲーリケは、マグデブルク(ベルリンから約100km西の歴史都市)の名門生まれで、市長も務めた多才な学者でした。ゲーリケは真空ポンプを製作して、有名な「マグデブルクの半球」の実験を行ったことでも知られます。銅製の2つの半球を密着させ、コックから自作の真空ポンプで空気を抜くと、大気圧によって押されて2つの半球は離れなくなります。1654年に、皇帝フェルディナント3世の臨席で行われた公開実験では、左右8頭ずつの馬に引かせて、ようやく分離することができ、大気圧の驚異的な大きさを実証してみせました。
 ゲーリケの真空ポンプはピストンとシリンダで空気を抜いていく簡単な構造のもの。大気圧の実験には十分でしたが、19世紀になると、もっと真空度の高いものが求められるようになりました。というのも、アーク灯にかわる電気照明として研究が進められていた白熱電球は、真空度が低いために、短時間でフィラメントが焼き切れるという問題をかかえていたからです。これをクリアしたのは、19世紀後半にガイスラーらによって発明された真空ポンプ。従来方式とくらべて、格段の高真空が得られ、白熱電球の実用化が促進されました。
 白熱電球のフィラメントとして、当初は炭素が用いられていました。ところが、真空中でフィラメントを熱すると、炭素が蒸発してススとなり電球のガラス内面を黒く汚してしまいます。この問題の解決に取り組んだエジソンは、ためしに電球内部に金属板を入れ、電池とつないでみたところ、電球内部の金属板はフィラメントと非接触なのに電流が流れるという異常現象を発見しました(1883年)。これはエジソン効果と呼ばれます。エジソンは、さほど関心を示さず放置されてしまいましたが、のちにフレミングによる真空管(二極真空管)の発明(1904年)のヒントとなりました。異常現象に発明・発見のシーズが潜んでいることの実例です。






前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。