TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.73 ソーラー腕時計に内蔵されたフィルム太陽電池
電気と磁気の?(はてな)館

ソーラー腕時計に内蔵されたフィルム太陽電池

時計(とけい)の語源は、日影の長さを計る目盛り尺の“土圭(とけい)”
 江戸城には和時計が置かれた“土圭(とけい)の間”という部屋があり、時報担当の御坊主が、太鼓を叩いて時を知らせていました。この“土圭”とは、“時計”の当て字かといえばさにあらず。逆に“時計”が“土圭”の当て字なのです。
 昔は地面に対して垂直に棒を立て、太陽の南中時の影の長さを測定して、1年の節目を知りました。影の長さが最も短くなる日が夏至、最も長くなる日が冬至です。この棒のことを、中国では“表(ひょう)”あるいは“髀(ひ)”といい、影の長さを測るために地面に据えた目盛り尺を“圭(けい)”とか“土圭(とけい)”といいました。この土圭が時計の語源です。地面に立てた垂直棒は、日時計にもなることからも、 土圭が時計のルーツであることが納得できます。
 中国においては、古来、暦計算の起点は冬至とされ、精密な暦をつくるためにも、冬至の日時を正確に知る必要がありました。しかし、地面に立てた棒のような簡単な装置では精度に限界があります。そこで、13世紀中国(元の時代)には、高さ40尺(約12m)の巨大な“表”と、長さ128尺(約38m)にも及ぶ“圭”(石製なので“石圭”という)からなる建造物がつくられました。これは、天体観測所も兼ねていたので“観星台”と呼ばれました。
 しかし、いかに施設を巨大にしても、太陽は点光源ではないので、日影の先端は半影となってぼやけます。そこで景符と呼ばれる装置が用いられました。これは小さな穴のあいた角板で、日影の先端を通過させることで、ピンホールカメラと同じ原理により、ぼやけた日影をシャープにして目盛りを読んだのです。
 観星台を設計したのは、中国史上最大の天文学者・数学者・技術者といわれる郭守敬(かくしゅけい)です。郭守敬はまた、釜のような半球形の日時計を研究したことでも知られます。これをもとに製作されたのが、“仰釜日晷(ぎょうふにっき)”と呼ばれる韓国の日時計。時刻と季節(二十四節気)が同時に読み取れるというすぐれものです。





前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。