TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.66 ドライブ・バイ・ワイヤ時代の車載LAN用ノイズ対策部品
電気と磁気の?(はてな)館

ドライブ・バイ・ワイヤ時代の車載LAN用ノイズ対策部品

立体凧からヒントを得て製作されたライト兄弟の飛行機
 ライト兄弟が世界初の有人動力飛行に成功したのは1903年。レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿に記されている人力飛行機をはじめ、古くから鳥やコウモリの翼を真似た飛行装置が考案されてきましたが、ライト兄弟が製作したのは2枚の翼を縦に重ねた構造の複葉機でした。これはオーストラリアの発明家ハーグレイヴの箱凧(ボックス・カイト:box kite)からヒントを得たものといわれます。
 箱凧というのは、一般的な平面凧と異なり、行灯(あんどん)のような骨組をもつ立体凧の1種です。ハーグレイヴは四角柱や三角柱などを組み合わせたさまざまな箱凧を製作し、ゴム動力や圧搾空気などによって、糸なしで飛ばす実験も試みました。この箱凧をベースとして、風洞実験を重ねながらライト兄弟が設計・製作したのが“ライトフライヤー号”。自作のガソリンエンジンを積み、人力操舵で空中飛行する世界初の飛行機です。
 ちなみに、ハーグレイヴやライト兄弟以前に、飛行機の研究に取り組んでいた日本人がいます。陸軍軍人であった二宮忠八です。小さい頃から凧づくりを得意とした忠八は、鳥やコウモリ、トンボやタマムシなど、空飛ぶ生物を観察し、竹と和紙、ゴム動力のプロペラを用いた模型飛行機を製作し、飛行実験にも成功しています。日本の航空工学の草分け的な業績でしたが、ほどなく日清戦争(1894年)が始まったことなどにより、残念ながら研究は中断されてしまいました。
 ライト兄弟の発明で注目すべきは、操縦桿と結んだケーブルによって翼にひねりを与える “たわみ翼”というしくみを取り入れていることです。これにより、手動で揚力を制御して機体を安定させることができました。ただし、操縦はかなり難しかったようです。
 今日では飛行機の操縦システムはケーブルや油圧による機械的な伝達から、ワイヤ(電線)とモータ/アクチュエータによるエレクトリックな伝達機構に変わりました。これをフライ・バイ・ワイヤといい、コンピュータとも相性がよいので自動操縦も可能になりました。ライト兄弟の初飛行からわずか1世紀あまり。これほど驚異的な進歩を遂げた乗り物は他に例をみません。



前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。