TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.65 スマートグリッドと電子機器の電源
電気と磁気の?(はてな)館

スマートグリッドと電子機器の電源

エレクトロニクス社会と相性のよい直流給電システム
 電力産業の勃興期である1880〜1890年代には、拡充されつつある電力網を直流送電にするか交流送電にするかをめぐる“交直論争”が欧米で繰り広げられました。エジソン電灯会社はすでに大都市内で直流で電力供給していましたが、発電所から遠ざかるにつれ電圧降下が起きて電灯が暗くなるという問題をかかえていました。かたや交流は変圧器(トランス)によって簡単に昇圧・降圧が可能です。このため、広域の電力網として交流送電に軍配が上がり、世界的に採用されていったのです。しかし、近年、直流送電のメリットが改めて見直されるようになりました。
 送電線は、回路図には現れないコンデンサ成分やインダクタ(コイル)成分が存在し、交流を流した場合、これらが抵抗(リアクタンス)となって送電ロスを増やします。直流の場合はこの影響がなく、また送電線も2本ですみ、約300kmを超える長距離送電では交流よりも直流のほうが有利になるのです。欧米やインドなどでは50万kV、75万kVの長距離直流送電が実用化されています。
 直流送電の短所は、交流-直流変換、直流-交流変換の設備が必要なこと。国土の狭い島国である日本では直流送電のメリットは生かし難いのですが、北海道と本州を海底ケーブルで結ぶ送電系統などで採用されています。この技術は洋上風力発電や黒潮発電などに生かされるかもしれません。
 給電そのものを交流から直流に変えようという構想も練られています。電子機器のほとんどが直流で稼動し、LED照明も直流が使われるので、家庭やオフィス、データセンターなどには、直流給電した方が交流-直流変換にともなう電力ロスを削減できて効率的です。また、太陽光発電、バッテリ蓄電、電気自動車やプラグインハイブリッドカーなども、直流給電と相性がよいからです。このため、将来的にスマートグリッドは直流給電が導入されるとも予測されています。



スマートグリッドにも似た電子機器の分散電源システム
 電力消費のムダをなくすための効率化は、電子機器の電源において最大の課題として追究されてきました。商用交流を直流に変換する電源は、従来のリニア電源(リニア・レギュレータ、シリーズ・レギュレータなど)にかわって、高効率なスイッチング電源が主流となりました。
 バッテリで駆動するモバイル機器などにも、スイッチング方式の小型DC-DCコンバータが使われています。バッテリは直流電源とはいえ、電圧変動のある非安定な直流であり、ICを確実に動作させるためには、安定した直流が必要になります。リニア方式でも一定電圧の直流は得られますが、これは電力の一部を切り捨てて一定電圧を得る方式なので、切り捨てられた部分が電力ロス(発熱)となってしまうのが短所。一方、スイッチング方式の電源はバッテリなどの非安定な直流電流をいったんパルス電流に変え、これをつなぎ合わせて一定電圧の安定した直流を得る方式。電力をムダに捨てることなく、上手に“やりくり”する方式なので、きわめて高効率なのが特長です。このため、DC-DCコンバータは電子機器に不可欠な電源となっています。
 近年は電子機器の多機能化により、回路ごとにさまざまなIC駆動電圧が求められるようになっています。 しかし、1つのDC-DCコンバータによる集中給電方式では、配線による電気抵抗によって効率が落ちるばかりでなく、配線がもつコンデンサ成分やインダクタ成分により、電圧変動などの悪影響を及ぼします。さらに、半導体プロセスの微細化により、IC回路の低電圧化・大電流化が進んでいるため、よりきめ細かなパワーマネジメントが求められるようになりました。
 そこで導入されたのがPOL(point of load)。負荷(load)であるICの直近に、小型電源を分散配置する方式です。これは送電ロスの低減を目指す地域分散型スマートグリッドと似た考え方です。モバイル機器ではバッテリ稼働時間の延長のためにも、POL電源として高効率の小型DC-DCコンバータの採用が増えています。
 世界中で使われている電子機器の数は膨大です。電源の効率が1%高まっただけで、大きな省エネ効果をもたらします。電源の小型・効率化を推進してきたTDKのフェライト技術や部品技術、回路技術は、スマートグリッド時代のスマートメータやDC家電、パワーコンディショナなどにも大きく貢献します。



前のページへ | 2/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。