TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.59 有機ELディスプレイの可能性
電気と磁気の?(はてな)館

有機ELディスプレイの可能性

有機ELディスプレイはバックライトを必要としない自発光型
※本記事は、掲載時点の情報に基づくものであり、現在、本製品はTDKでは取り扱っておりません。
 有機ELディスプレイは視野角が広くて視認性にすぐれるため、カーオーディオ機器のディスプレイなどとして採用されています。
 物質が外部からのエネルギーを受けて、光を放出する現象をルミネセンスといいます。ミクロ的には、外部エネルギーにより基底状態から励起状態となった電子が、再び元の基底状態に戻るときに、そのエネルギーを光として放出する現象です。
 たとえば、蛍光灯は放電により発生した紫外線が、ガラス管内部に塗布された蛍光体を励起して発光させる照明器具です。洗濯用洗剤にも紫色に発光する蛍光染料が添加されたものがあります。木綿などの白い衣服は古くなると黄ばんできますが、黄色と補色関係にある紫色の蛍光を発することで、白っぽく見えるようになるのです。
 発光体を励起するエネルギーが電気エネルギーのものをEL(エレクトロルミネセンス)といい、発光体に有機化合物を用いたものを有機ELといいます。
 有機ELは、光を電気エネルギーに変換する太陽電池とは逆に、電気エネルギーを光に変換する素子です。もともと太陽電池の研究者が、太陽電池の素子に電流を流してみたところ発光したことから研究が始まりました。
 原理的にはLEDと似ていますが、LEDが点発光であるのに対して、有機ELは面発光であることを特長とします。このため、有機ELは液晶ディスプレイのようなバックライトを必要としない自発光型のディスプレイとして利用できます。
 有機ELディスプレイは、電子輸送層の薄膜、発光層、正孔(ホール)輸送層の薄膜、これらをはさむ電極の薄膜などからなる、多層薄膜構造の発光素子です。電極から直流電界を加えると、電子は陽極側、正孔は陰極側に移動し、発光層で電子と正孔が結合して発光するので、片側の電極を透明なITO(インジウム・スズ酸化物)電極とすることで面発光素子となります。当初は発光させるのに高い直流電圧を必要としましたが、このような多層薄膜構造として機能分離させることで、低い直流電圧で発光できるようになり応用の道が開けました。



フィルムタイプ、シースルータイプも実現したTDKの有機ELディスプレイ
 有機EL技術にとって、最大のポイントは発光層の材料です。微量の有機色素(ドーパント)を有機層に分散させたもので、電流を流すことで有機色素それぞれの固有の色で発光します。純度の高い赤(R)・緑(G)・青(B) の3原色の発光材料も開発され、フルカラーのディスプレイも可能になりました。これは、微細なピッチで3色の発光層を基板上に形成する3色独立画素方式と呼ばれる方式が主流ですが、微細なパターニングに高度な技術を要し、また3色のバランスをとることも難しいという問題を残しています。
 白色発光素子とカラーフィルタの組み合わせという別のアプローチにより、有機ELディスプレイのカラー化を推進してきたのはTDKです。これは白色の発光層を光源として、その前面に赤(R)・緑(G)・青(B) のカラーフィルタを設けてカラー表示を得る方式。LCD(液晶ディスプレイ)によって確立されたカラーフィルタ技術をそのまま応用できるうえ、発光は白色光だけで済むので製造工程もシンプルにでき、コストダウンにもつながるというメリットがあります。
 TDKでは熱的・化学的劣化を受けにくいオリジナルな発光材料の開発とともに、真空中で蒸発させた複数の材料を精密制御する素子構造技術などを駆使して、きわめて高輝度・長寿命な白色発光素子構造技術を確立しました。カラーフィルタと組み合わせたパッシブマトリクス方式のTDKの有機ELディスプレイは、カーオーディオ機器、デジタル携帯音楽プレーヤ、携帯電話のサブディスプレイなどに採用されています。
 有機ELの多層薄膜は1ミクロン(μm)以下しかなく、ガラス基板のかわりにプラスチック基板を用いることで、しなやかなディスプレイとすることも可能です。また視野角が広く、曲面に用いても視認性がすぐれるのも有機ELディスプレイならではの特長。CEATEC2010のTDKブースでは、腕に巻きつけるフィルムタイプ、そして表示画面が片側のみ見えるシースルータイプの有機ELディスプレイのデモ展示が行われて注目を集めました。電子ブックリーダーや身につけるウェアラブルコンピュータのディスプレイ、また未来の照明としても、有機EL技術には大きな期待が寄せられています。






前のページへ | 2/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。