TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.57 携帯電話の多機能化をサポートするSAWフィルタ
電気と磁気の?(はてな)館

携帯電話の多機能化をサポートするSAWフィルタ

地震予知機や電信機なども製作した幕末の佐久間象山
 地震が発生したとき(最大震度5弱以上)、強い揺れ(予測震度4以上)の襲来が予測される地域に対して、テレビや携帯電話のアラーム音で知らせる“緊急地震速報”というサービスがあります。地震波は初期微動のP波(縦波)が、主要動のS波(横波)よりも先に到着するため、そのわずかな時間差を利用した速報です。
 地震予知は現代科学をしてもなお困難ですが、幕末の兵学者・思想家として活躍した信濃松代藩(現・長野市松代)の佐久間象山は、“人造磁玦(じけつ)”という地震予知機を考案しています。これは馬蹄形磁石におもり付き鉄片を吸着させた簡単な装置で、磁石に吸着している鉄片が落ちると地震の前触れであるとされました。当時、地震の発生前には磁石の吸着力に変化が起きると考えられていたようです。
 佐久間象山はオランダの理学書を参考に電信機を製作し、松代藩の鐘楼(鐘つき堂)と屋敷の間の約70mに電線を張って、電信実験を試みたことでも知られます。この装置は現存していませんが、電池と電磁石を組み合わせた指示(指字)電信機であったと推定されています。送信機のハンドルを回して送りたい文字に合わせると、受信機側の針がその文字を指し示すという仕組みの電信機です。
 10月23日は日本の電信電話記念日です。明治2年(1869年)のこの日、東京-横浜間で日本初の電信線の架設工事が開始されたことにちなみます。このとき用いられた電信機もフランスのブレゲー社の指示(指字)電信機でした。当時、トン(・)ツー(−)信号のモールス電信機が知られていなかったわけではありません。アメリカのペリーが黒船に乗って再来航し、日米和親条約を調印した1854年(嘉永7年)には、幕府に最新式のモールス電信機が献上されています。しかし、モールス電信機は文字情報とトンツー信号を変換させる必要があるのが難点。当時の日本人にとっては、モールス電信機よりも、誰でも簡単に操作できて、送受信される文字が一目でわかる指示電信機の方が便利と思われたようです。ただ、指示電信機では1分間に送れる文字量はわずか5〜6文字であり、明治5年(1872年)には、その5倍以上も高速化が図れるモールス電信機に切り替えられました。




前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。