TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.54 デジタル機器の高速化と低ESLコンデンサ
電気と磁気の?(はてな)館

デジタル機器の高速化と低ESLコンデンサ

うなり音を利用した世界初の電子楽器“テルミン”
 ギターやバイオリンなどを調弦(チューニング)するのに、一定の周波数の基準音を出す音叉(おんさ)や調子笛(ピッチパイプ)などが使われます。調弦しながら基準音に近づくと、2つの音の強め合いと弱め合いによって、ウォ〜ン、ウォ〜ンという“うなり”が聞こえ始めます。うなりがなくなると、2つの音の周波数が一致して同調(チューンナップ)したことになります。
 西洋の教会の鐘とちがって、日本のお寺の鐘(梵鐘)はゆっくりとしたうなり音を発します。撞木(しゅもく)で鐘をつくと、鐘はたわんで音を発しますが、鐘の表面につけられた凹凸が、周波数の微妙な違いを生み出してうなり音を発生させるのです。
 世界初の電子楽器といわれるロシア(旧ソ連)生まれの“テルミン”は、電子回路で発生させたうなり音を利用した演奏装置です(1919年発明、テルミンとは発明者の名にちなむ)。テルミンは本体に2本のアンテナが取りつけられているだけで、鍵盤のようなものはありません。演奏者は手をアンテナに近づけたり、遠ざけたりすることで、音程をつくって演奏します。アナログにふらつく音は不安感をかき立てるので、SF映画やホラー映画などの効果音として用いられたりします。
 テルミンの本体内部にはコンデンサとコイルを組み合わせた同じ発振器が2つ格納されていて、片方の発振回路にアンテナが接続されています。アンテナと手はコンデンサの2枚の極板として作用します。アンテナに手をかざすと、アンテナと手との間の浮遊容量(回路図にないコンデンサ成分)により、もう片方の発振器の周波数とズレが生じてうなり音が発生します。手を近づけたり、遠ざけたりすると、浮遊容量が変化してうなり音が高くなったり低くなったりするので、これでメロディを奏でるのです。もう一つのアンテナと発振器は音量調整用です。

テルミンの回路(概略)

うなり音の原理


前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。