TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.23 ドライ・ウェットを電気信号にする湿度センサ
電気と磁気の?(はてな)館

ドライ・ウェットを電気信号にする湿度センサ

 空気中の湿り気の度合を検知するのが湿度計。古くからさまざまな方式のものが考案されていますが、電子回路と相性がいいのは湿度センサ。加湿器や除湿器、エアコン、冷蔵庫、コピー機など、さまざまな装置に利用されています。
 湿度センサにもいろいろなタイプがあります。湿度検出の精度や応答性のみならず、電子機器に組み込むとなると小型化も要求されます。

毛髪湿度計には若い女性の金髪が最適
 空気についての科学的研究が始まったのはルネサンスの頃。希代の発明家でもあったレオナルド・ダ・ヴィンチは、振り子式の風力計などとともに、天秤(てんびん)ばかり式の簡単な湿度計も考案しています。乾燥した木綿は湿気を吸って重くなることからヒントを得たもので、同じ重さの球の片方を木綿で包み、もう片方はロウを塗布して、これらを天秤の左右にぶら下げておきます。湿度が高まると木綿は重くなって天秤が傾くので、その傾き具合を目盛から読み取るというしくみです。
 もっと精度の高い湿度計を考案したのは18世紀スイスの科学者ソシュールです(言語学者ソシュールはその子孫)。彼は毛髪が湿度によって伸縮することに注目、これを器械に組み込んだのが毛髪湿度計です。毛髪の片方を固定し、もう片方には重りを連結させて、毛髪がいつもピンと張った状態にしておき、毛髪の伸縮によって指針を動かすしくみです。毛髪はそのまま使うのではなく、脱脂して用いました。脱脂すると伸縮変化は数倍も高まるからです。また、いろいろと試した結果、若い女性の長い金髪が最適であることもわかりました。簡単な装置ながら、なかなか感度の高い湿度計です。
 ソシュールは近代登山の創始者としても知られています。ヨーロッパアルプス最高峰のモンブラン初登頂に向けて、賞金をつけて挑戦者を募りました。ルート開拓されて1786年に初登頂が成し遂げられると、翌年、自らも登頂を果たして、山頂で水の沸点測定などの物理実験を行っています。

レオナルド・ダ・ヴィンチの湿度計

ソシュールの毛髪湿度計

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。