TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.14 液晶テレビのバックライトとインバータトランス
電気と磁気の?(はてな)館

液晶テレビのバックライトとインバータトランス

ラピッドスタート方式はグローランプが不要
 点灯するまで時間がかかる蛍光灯の弱点をなくし、スイッチを入れたとたん、すぐに点灯するのがラピッドスタート方式です。ラピッドスタート方式の蛍光灯には、グローランプがないかわり、磁気漏れ変圧器という特殊なトランスが用いられます。鉄心の1次コイルに電流変化が起きると、2次コイルに起電力が誘起されて電流が流れるのがトランスの原理。1次・2次の電圧はコイルの巻数に比例し、電流は反比例します。磁気漏れ変圧器というのは、フィラメントを加熱させるための巻線と、放電を開始させるための巻線を別々に設けたトランスです。
 フィラメント予熱用巻線は巻数が少なくしてあるため大電流が流れます。また、鉄心からの漏れ磁束は、放電後にコイルに流れる電流を一定に保つ役割を果たします。これはコイルに流れる電流が増加しようとすると、漏れ磁束も増加して電圧が下がるからです。なかなか巧妙なアイデアです。ラピッドスタート方式の磁気漏れ変圧器は通常の安定器よりも大型で重くなりますが、多数の蛍光ランプをいっせいに点灯するのに適しているため、主にオフィスビルや駅、公共施設などの照明として使われています。
 ラピッドスタート方式とは別のしくみで瞬時の点灯を実現しているのがインバータ方式の蛍光灯。内蔵した電子回路により交流電源を高周波に変換して点灯するため、フィラメントの予熱時間がごく少なくてすみます。また、安定器が不要なので小型・軽量化を図ることができ、チラツキが少ないのも特長です。
 液晶ディスプレイのバックライトには冷陰極管が使われます。発光原理は蛍光灯と同じですが、フィラメントがなく、電極に1000V以上の高圧を加えて放電させる方式です。電子回路に流れる直流のままではトランスによる電圧変換できないため、直流をいったん交流に変えて昇圧します。このトランスはインバータトランスと呼ばれます。

ラピッドスタート方式の蛍光灯

インバータトランス
 高輝度が求められる液晶テレビにおいては、バックライトとして多数の冷陰極管が使われます。従来、バックライトを点灯させるため、冷陰極管のおのおのにインバータトランスが搭載されました。これを独立駆動方式といい、たとえば40本の冷陰極管が使われている大画面液晶テレビでは40個のインバータトランスが必要でした。しかし、もし1個のインバータトランスで複数の冷陰極管を点灯させることができれば、部品点数は大幅に減って省スペースとコストダウンが図れます。これを多灯並列駆動方式といいます。
 そこでTDKが開発したのが多灯並列駆動方式用のインバータトランス。発熱ロスのきわめて小さな高特性フェライト材をトランスコアとして採用して、従来40個必要だったインバータトランスをわずか4個にまで削減。回路に要する部品点数も半分以下になり、省エネとともに省スペースにも貢献します。
 また、このところの金属材料の価格高騰などにより、液晶パネルのカバーは従来のアルミニウムから鉄に置き換えられています。ところが、鉄は磁性体であるため、インバータトランスからの漏れ磁束は、液晶パネルの鉄カバーに渦電流を発生させてしまいます。これは火を使わない安全な調理器としておなじみの電磁調理器と同じ原理です。電磁調理器では発熱を利用しますが、液晶パネルにおいては電力ロスをもたらすだけでなく、ノイズ発生の原因となったりします。
 TDKでは蓄積したフェライト技術と先進の磁界シミュレーション技術を駆使、独自の磁気シールド構造により、この渦電流問題を解決したインバータ用防磁トランスも開発しました。大画面化と高精細化がますます求められる液晶テレビを強力にサポートする新製品です。

液晶パネルと多灯並列駆動方式

前のページへ | 2/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。