TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ電気と磁気の?(はてな)館 > No.13 エレクトロニクスを支える“めっき技術”
電気と磁気の?(はてな)館

エレクトロニクスを支える“めっき技術”

 めっきは固体表面を金属の薄い皮膜でおおう技術。宝飾品や洋食器、金具、ネジクギなど、身の回りにはさまざまなめっき製品であふれています。奈良東大寺の大仏も、昔は金めっきでピカピカの仏像でした。めっきは古くて新しい技術。電子機器の小型化・高機能化にも、めっき技術は大きく貢献しています。

古代メソポタミアで電気めっき?
 “めっき”は外来語のように思われていますが、実は“滅金(めっきん)”がなまったもの。金・銀などの貴金属の薄層を固体物質(金属や陶磁器その他)の表面にほどこす技術で、“鍍金(めっき)”とも表されます。奈良時代に、国中の銅を費やし、15年の歳月をかけて鋳造された東大寺の大仏は、仕上げに金めっきがほどこされました。水銀と金のアマルガム(軟らかい合金)をつくり、これを大仏表面に塗布したあと加熱すると、水銀が蒸発して金だけが残ってめっきされます。記録によれば約400kgの金と約2000kgの水銀が使われたそうです。

水銀アマルガムによる金めっき法

電気めっきの原理

バグダード電池と呼ばれる出土物

 電池の発明により、19世紀になると宝飾品や洋食器などに電気めっきが利用されるようになりました。たとえばスプーンに銀めっきするには、スプーンと銀板を硝酸銀の溶液につけ、電池のマイナス極をスプーンに、プラス極を銀板につなぎます。こうすると硝酸銀溶液の銀イオン(陽イオン)は陰極のスプーンのほうに引かれ、表面に銀が析出してめっきがほどこされます。また、硝酸銀の銀イオンは、銀板から銀が溶け出すことで補給されていきます。
 ところで、電気めっきは今から1500年以上も前のメソポタミアにおいて、実用化されていたという奇想天外な説があります。1930年代に、なんとも不思議な遺物が、メソポタミアの古代遺跡から出土していることが発表されたからです。これは高さ10cmあまりの素焼きの壺で、中には鉄棒をおさめた銅製のシリンダーが入っていました。鉄棒は酸で腐食した痕跡があるので、これはボルタ電池に先立つ古代の電池で、宝飾品の電気めっきに使われた可能性もあるという説が打ち出され、“古代電池”とか“バクダード電池”と名づけられたのです。はたして電気めっきに応用されたかは定かではありませんが、電池に似た装置で理科実験をおこなっていた古代メソポタミア人を想像してみるのも楽しいものです。

前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。