TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページフェライト・ワールド > 第8回 電子機器のノイズ対策とフェライト
フェライト・ワールド

電子機器のノイズ対策とフェライト

“Suica” などのRFIDシステムでもフェライトが活躍
 トランスやインダクタなど、巻線をほどこした電子部品を回路基板に複数実装するときは、その向きに注意が必要です。並列や縦列に配置したりすると、コイルから出る磁束が磁気結合して、発振などのトラブルを起こすからです。
 この回路基板上ではやっかいなコイルどうしの磁気結合を積極的に利用したのが、IC乗車カード(SuicaやPASMOなど)、おサイフケータイやモバイルSuicaなどに利用されている“Felica(フェリカ)”と呼ばれるRFIDシステムです。カードや携帯電話に搭載されたRFIDタグのアンテナ(ループ状のコイル)と、リーダ/ライタ側のアンテナとの磁束のやりとりで情報を読み書きする電磁誘導方式の通信システムです。通信距離は数cm程度しかなく、近接させなければなりませんが、リーダ/ライタ側からの磁束変化をエネルギーとするため、カードに内蔵されたICはバッテリなしで作動します。
 Felica機能をもつ携帯電話では、搭載アンテナの背面に軟磁性材料を用いた磁性シート(TDKの商品名はフレキシールド)が配置されたりします。というのも、アンテナの近くにバッテリパックやプリント基板などの金属面があると、リーダ/ライタとの磁束のやりとりに支障をきたすからです。金属のような導体に対して外部から磁束変化が起きると、導体は磁束変化を阻止するように、渦電流が流れて反作用磁束を生みだします。この反作用磁束によってリーダ/ライタ側からの磁束が相殺され、アンテナまで届かなくなってしまうのです(反作用磁束の詳細は本シリーズ第2回をご参照ください)。
 磁性シートは、高透磁率の軟磁性体の薄片や粉末を、プラスチックなどに混ぜてシート状にしたものです。高透磁率の軟磁性体は、スポンジが水を吸うように磁束をよく集束します。このため、アンテナと金属面の間に磁性シートを挿入すると、バッテリパックなどの金属面で反作用磁束は発生せず、リーダ/ライタ側との磁束のやりとりがスムーズに行われるのです。同様の対策はリーダ/ライタ側にも必要です。駅の自動改札口、Felica対応のコンビニ端末、キヨスク端末などのリーダ/ライタ側のアンテナ背面にも磁性シートやフェライトプレートが用いられます。



前のページへ | 1/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。