TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物なるほどノイズ(EMC)入門2 > 第2回 電子化が進む自動車にはノイズ問題が凝縮
なるほどノイズ(EMC)入門2

電子化が進む自動車にはノイズ問題が凝縮

 EMC(電磁的両立性)とは、EMI(電磁妨害/エミッション問題)とEMS(電磁妨害感受性/イミュニティ問題)を両立させることです。しかし、一方で有効利用される電波が、他方にとってはノイズになるということが問題を複雑にしています。誰にも身近で命にも関わるノイズ問題は、電子化が進む自動車。自動車のさらなる安全性・快適性・省エネ化は、ノイズ問題の解決なくして達成されません。

大事故につながりかねない飛行機のノイズ障害
 飛行機に搭乗すると、携帯電話やトランシーバ、FMラジオなどの電源を切るようにアナウンスされます。操縦室の計器類や通信機器に障害を与えるおそれがあるからです。なぜ受信機であるFMラジオまで禁止されるかというと、受信信号を中間周波数に変換するための局部発振信号(およびその高調波)がノイズとして漏れ出るからです。
 パソコンや電子手帳、ヘッドホンステレオやゲーム機、デジカメなどのデジタル機器も、ノイズを放射するので離着陸時の使用が禁止されています。電子機器ではない電気カミソリも、モータからノイズが放射するので離着陸時は使えません。うっかり使用したからといって必ずしも飛行に支障をきたすというわけではありませんが、飛行機の計器類は高感度なため、万全を期してノイズの発生源と思われるこれら電子機器からの電磁妨害を防いでいるのです(EMI)。
 飛行機の操縦桿はワイヤ(電線)を通じた電気信号により、アクチュエータを駆動してエンジンのスロットルや翼のフラップを操作しています。油圧によるメカニックな機構では機体は重くなってしまうからです。これをフライ・バイ・ワイヤといい、コンピュータともなじみがいいので、自動操縦も可能になりました。しかし、トラブルが発生したときエンジンを止めてチェックするという“フェイルセーフ”の設計思想は、飛行機の場合は通用しません。そこで、幾重もの安全対策とともにノイズ対策も徹底されています。電気信号のかわりに光信号を利用し、光ファイバーで伝送するフライ・バイ・ライト(光)という技術の開発も進められています。これは、ノイズに妨害されないシステムの一つです(EMS)。
 自動車においても、飛行機のフライ・バイ・ワイヤと同様のシステムが導入されはじめています。従来、油圧でコントロールしていたブレーキ、ステアリングなどをECU(電子制御ユニット)による電気駆動に変えようというもので、これはX・バイ・ワイヤと総称されています。

大事故につながりかねない飛行機のノイズ障害

前のページへ | 1/3 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。