個人投資家の皆さまへ

Q.TDKのあゆみは?

1935年の創業以来、
時代ごとに画期的な製品を開発することで、
成長を続けてきました。

since 1935
世界で最初にフェライトを発見したのは日本人です

世界で初めてフェライトを工業化

1930年、東京工業大学の研究者によって発明された磁性材料“フェライト”。この日本生まれの画期的な電子素材の工業化を目的に1935年に誕生したのが、私たちTDKです。

「フェライトの発明とその工業化」がIEEEマイルストーンに認定

COLUMN

「IEEEマイルストーン」とは、電気・電子関連の世界的学会であるIEEEが、社会や産業に貢献した歴史的業績を表彰するもの。2009年、TDKと東京工業大学による「フェライトの発明と工業化」が、世界で89番目、日本では10番目となる認定を受けました。

IEEEマイルストーン銘板

IEEEマイルストーン銘板

国産1号カセットテープを開発

国産第1号のカセットテープを開発し、音楽ライフを一変させたTDK。世界市場での爆発的なヒットにより、TDKブランドを広く世界中に知らしめました。

1969年人類初の月面着陸を果たしたアポロ11号でも使われました

「コイルは巻くもの」―― その常識を
世界で初めて破ったオリジナル技術を開発

導線を“巻く”のでなく、“積み重ねる”という独創的な発想によってTDKが世界で初めて開発した積層チップインダクタ。現在も、エレクトロニクス機器の小型化・薄型化に貢献しています。

携帯電話やスマートフォンの小型・薄型化に欠かせない部品です

ハードディスクドライブの磁気ヘッド
世界最高水準の性能を実現

PCなどの大容量記録メディアとして用いられるHDD(ハードディスクドライブ)。TDKは、ナノレベルの薄膜技術が求められるHDD用磁気ヘッドの分野で、世界最高水準の技術力を保有しています。

1ミリの100万分の1をコントロールする技術で作っています

社名の由来

TDKが最初につくられたときの名前は、「東京電気化学工業株式会社」でした。 長い社名だったため、その後、東京(Tokyo)電気(Denki)化学(Kagaku)の頭文字をとって、1983年、TDK株式会社としました。

東京 電気 化学 Tokyo Denki Kagaku TDK

マークの意味

TDKのマークの形は、電子計算機と磁性材料(磁石にくっつく性質を持つ物質)を三角や四角を使ってデザインし、「電子工業の世界の重要な部分を接続する」という意味を表しています。社名と組み合わせて、TDKの製品・サービスの品質を保証するシンボルとなっています。

世界とのつながりのシンボルTDK
経営理念

関連情報

PAGE TOP