株主・投資家情報

よくあるご質問

TDKに関して

Q1. 会社が設立されたのはいつですか。
A1. 1935年(昭和10年)12月7日です。 当社は1932年(昭和7年)に、東京工業大学電気化学科の加藤与五郎博士と武井武博士が発明したフェライトを事業化する目的で設立されました。お二人の在籍大学名にちなみ、社名は東京電気化学工業株式会社でした。
Q2. 「TDK」という社名の由来は何ですか。
A2. 東京電気化学工業株式会社の「東京(Tokyo)」「電気(Denki)」「化学(Kagaku)」の頭文字をとったものです。設立当初から商標として「TDK」を用いており、さらに一般消費者向けカセットテープの普及が進むにつれ「TDK」という呼び名が広く普及した一方で、株式欄では「東電化」(とうでんか)と呼ばれていました。そこで、1983年に社名をTDK株式会社と変更しました。
Q3. TDKの理念は何ですか。
A3. 社是「創造によって文化、産業に貢献する」、社訓「夢、勇気、信頼」

業績・財務に関して

Q1. 決算期はいつですか。
A1. 3月31日です。
Q2. 最新の決算情報・業績見通しはどこで入手できますか。
A2. IRイベント/決算説明会をご覧下さい。
当社は四半期ごとに連結決算を発表しており、発表時期は「IR・株式カレンダー 」をご参照下さい。決算を発表後、アナリスト向けの決算説明会を開催していますが、その模様やこのときに使用した資料を開示しております。
Q4. 有価証券報告書やアニュアルレポートはありますか。
A4. IR資料室をご覧下さい。

株式に関して

Q1. 株式売買の単位はいくつですか。
A1. 1単元は100株です。
Q2. 上場証券取引所はどこですか。
A2. 東京証券取引所
Q3. 証券コードは何ですか。
A3. 証券コードは「6762」です。
Q4. 米国マーケット(OTC)で一般に使用されているティッカーシンボルは何ですか。
A4. ティッカーシンボルは「TTDKY」です。
Q5. 株主優待制度はありますか。
A5. 株主優待制度はありません

事業内容に関して

Q1. TDKの主要な事業は何ですか。
A1. 当社は、自動車、スマートフォン、タブレット端末、産業機器等の電子機器に幅広く使われる電子部品(インダクティブデバイス、エナジーデバイス(二次電池)、HDDヘッド、高周波部品、圧電材料部品、コンデンサ、マグネット、電源等)を開発・製造・販売しております。
当社が取り扱っている製品がどのような電子機器に取り扱われているか、分かり易く解説したものを What's TDK に掲載していますので、ご覧下さい。
Q2. TDKの強みは何ですか。
A2. 当社はフェライトを事業化する目的で設立された会社であり、現在取り扱っている製品もこのフェライトから派生した製品や技術を利用したものです。当社が取り扱っている電子部品を材料から開発する「素材技術」、開発した材料を電子部品に作り込む「プロセス技術」、そして開発した材料や電子部品、そして回路を評価する「評価・シミュレーション技術」、TDKのモノづくりを支える「生産技術」、複数の電子部品を統合して高機能・多機能化を図る「デバイス&モジュール技術」 が当社のコア技術であり、強みでもあります。当社はこれらのコア技術を常に磨き、今後も成長が見込まれる重点3分野「自動車」、「ICT (Information and Communication Technology」、「産業機器・エネルギー」に経営資源を集中させます。

環境・企業倫理に関して

Q1. 企業倫理に対する取り組みについて教えて下さい。
A1. 当社は、当社およびTDKの連結対象子会社の取締役、監査役、執行役員、および従業員が、法令はもとより社会的規範等を遵守するための具体的な行動指針を定めたものとして「TDK企業倫理綱領」を制定しました。
詳細は企業情報の会社案内/企業倫理綱領に掲載していますので、ご覧下さい。
Q2. コーポレート・ガバナンスの取り組みについて教えて下さい。
A2. コーポレート・ガバナンスの充実は、経営の公正性、公平性、透明性、遵法性を高める上で非常に重要と考えております。当社は、監査役制度会社ですが、社外役員の招聘(取締役7名のうち3名、監査役5名のうち3名)、執行役員制度、さらに報酬諮問委員会、企業倫理・CSR委員会および情報開示諮問委員会といったコーポレート・ガバナンスのための機構を採用しております。
詳細はコーポレート・ガバナンス体制に掲載していますので、ご覧下さい。
Q3. 社会貢献活動の取り組みについて教えて下さい。
A3. 当社は企業市民の一員として、社会と共に共生することの大切さを改めて認識し、企業として、社会にできる活動とは何かを考え、「創造」と「文化」を基本としたTDK独自の社会貢献活動を推進していきたいと考えております。「学術・研究/教育」 「スポーツ/芸術・文化」「環境保全」「社会福祉・地域社会の活動」の4分野を選びTDKグループの様々な資源(社員、製品、資金、情報等)を活用し、NPO/NGOなどとの連携も含め、積極的な活動をグローバルに行います。
詳細は企業情報のCSR活動/社会に対する責任に掲載していますので、ご覧下さい。
Q4. 環境活動の取り組みについて教えて下さい。
A4. 当社は環境保全を経営の最重要課題のひとつと位置付け、環境ビジョン「TDK環境活動2010」を策定し活動を行ってまいりましたが、2011年2月、環境保全活動のさらなるステップアップをはかるため、「TDK環境活動2020」を新たに策定しました。
詳細は企業情報のCSR活動/環境に対する責任に掲載していますので、ご覧下さい。

PAGE TOP