CSR活動

リコール中の加湿器回収に関するご報告

2013年2月に、長崎市のグループホームで火災事故が発生しました。
この事故は、当社TDK株式会社の加湿器(品名KS-500H)が火元となり、お亡くなりになられた方ならびにご遺族の皆様に対しまして、あらためて心よりお詫び申し上げるとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。
また、負傷された皆様、そのご家族やご関係者の皆様に対しまして、あらためて心よりお詫びとお見舞いを申し上げます。
当社は、この事故により、2013年3月13日に、経済産業省より危害防止命令が発せられたことを受け、2013年4月より加湿器対策本部を設置。リコール対象製品の回収活動に全力をあげています。
2015年度は、加湿器回収室の従業員を中心に、以下の施策を強化実施しました。

  • グループホーム等への訪問確認および電話確認
  • 新聞、テレビ等での告知と周知の強化
  • 官公庁ほかの諸団体に向けての周知の拡大(回覧板告知活動)
  • 国内TDKグループ全社における回収の呼びかけ

2015年度新たに回収できた加湿器は312台あり、2016年3月末現在の累積回収台数は、52,617台(回収率:61.8%)となりました。
今後も皆様のご協力をいただきながら回収活動を継続し、最後の1台まで見つける努力をしていく所存です。
上記の回収活動に加え、イントラネットや社内報での進捗状況の発信や、従業員教育の場である「製品安全伝承室」や各種研修等での講話を通じ、事故の教訓を伝承し、同様の品質問題を発生させない企業体質の構築に努めています。

販売台数※1における回収台数※2の割合

  • ※1 販売台数は、リコール対象全4機種の合算です
  • ※2 回収台数は、お客様からの発送待ちを除いた、回収済みの台数です。

回収専用フリーダイヤル
TDK株式会社(加湿器お客様係) 0120-604-777
受付時間9:00~19:00(土・日・祝日も含む)

PAGE TOP