CSR活動 | 環境

製品によるCO2排出削減貢献量拡大

目標の背景

TDKでは、製品の全ライフサイクルでの環境に与える影響を評価する「製品アセスメント」を1997年から導入しています。この製品アセスメントの審査で承認された製品だけを商品化し、市場に流通させる仕組みとしています。また、製品アセスメントの評価結果を基に、環境配慮効果の高い製品を継続的に創出する施策として「優良環境製品(ECO LOVE製品)」認定制度を2008年に導入しました。優良環境製品として認定した製品をホームページ上で情報開示するとともに、2011年度の販売比率目標を、2009年度(15%)の倍の30%に設定し、この目標を達成することにより、環境負荷低減に資する製品の創出および普及を推進してきました。
これら従来からの活動に加え、TDKでは、製品やノウハウによるCO2排出削減にフォーカスし、これを環境貢献量として定量化するための算定基準の整備を2011年度より進めており、2015年度には、これらの成果をとりまとめた製品貢献量算定ガイドラインを策定しました。製品アセスメントでの運用を通じて、製品によるCO2排出削減活動を進めていきます。
※ヘッド製品および電池を除外した販売比率

2016年度目標と取り組み概要

<2016年度目標>

  • 製品によるCO2削減貢献量原単位2.7%改善(2014年度比)

<取り組み概要>

  • 貢献量算定ガイドラインの新製品アセスメントシステムへの導入
  • 算定対象製品の拡大(ダイボンダー装置など)

2016年度の製品によるCO2削減貢献量は、前年度比6.0%増の167.5万トンでした。また、原単位では、2014年度比23.0%改善となり、目標を達成しています。

製品によるCO2排出削減量の推移※1

  • 製品によるCO2排出削減量の推移
  • ※1算定手法について第三者レビューを受けました。
  • ※2 製品貢献量の算定はIEC “ TR62716 Guidance on quantifying greenhouse gas emission reductions from the baseline for electrical and electronic products and systems ”、日本LCA学会「温室効果ガス排出削減貢献量算定ガイドライン」およびJEITA「電子部品のGHG排出削減貢献量算定に関するガイダンス」に準拠した社内ガイドラインに基づき行っています。
TDK製品の環境貢献量(分野別)
TDK製品の環境貢献量(分野別)

具体的な取り組み

環境負荷低減に貢献するダイボンダー装置

ダイボンダー装置

ダイボンダー装置

電子機器の小型化・薄型化を目的としたSESUB(IC内蔵基板)の製造工程で使用されており、薄加工したICを基板へ埋め込むための実装機です。TDKは 、コアテクノロジーの一つである生産技術を応用し、生産現場が求めているニーズをもとに製品化しています。設置面積の小型化と省エネルギー設計により、お客様への設備搬入時および設備稼働時の環境負荷低減に貢献しています。環境貢献量は、1台あたりCO2換算で289トンとなります。

PAGE TOP