CSR活動 | 環境に対する責任

環境マネジメントシステム

環境マネジメント体制

TDKは、社長を頂点とした環境マネジメントシステム(Environmental Management System:EMS)に基づく推進体制を確立しています。
この体制の確立により、従来のサイト単位での環境保全活動だけでなく、多様化・複雑化・グローバル化する環境問題にも迅速かつ効果的な対応ができます。

環境マネジメント体制

環境マネジメントシステムの運用

当社は、全生産拠点においてISO14001の認証を取得し、日本地区、中国地区、アメリカ地区において環境マネジメントシステムの統合化を進めています。
さらに、各地域の環境情勢にあった活動が展開できるよう、日本、中国、ASEAN、ヨーロッパ、アメリカと地域別に環境会議を開催し、全社の共通目標である「TDK環境・安全衛生活動2025」の達成に向けた活動を実施しています。

  • ※ ISO14001:EMSに関する国際規格(IS)

環境活動に対する評価制度と表彰制度

当社では、環境マネジメントシステムの改善と安全環境活動のパフォーマンス向上を目的とし、安全を含めた評価制度として安全・環境マネジメント達成課題評価をグローバルで展開しています。
各拠点のエネルギー/水/排出物/安全衛生/社会貢献の5分野について、総合評価において優秀な成績を収めた事業所、および特定の分野で模範となる活動を行った事業所または事業部門を表彰しています。
2015年度の表彰拠点/事業部門は下記のとおりです。

■総合評価において優秀な成績を収めた事業所

日本地区: TDK由利本荘株式会社
中国地区: TDK Taiwan Corporation
アメリカ地区: Headway Technologies, Inc.
ASEAN地区: TDK (Malaysia) Sdn. Bhd.

■特定の分野で模範となる活動を行った事業所または事業部門

TDK由利本荘株式会社: 資源消費量の削減

PAGE TOP